大学生必見!今からでも間に合う!春休みに取得するべき資格5選!

スポンサーリンク
ノウハウ

こんにちはユッピーです。

資格は就職のアピールになるなど、たくさんのメリットを持ち合わせています。しかし「どの資格を習得すればよいのかわからない」という学生さんも多いのではないのでしょうか。

今回は、学生のうちに取っておくべき資格について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

TOEIC

学生なら一度は耳にしたことはあるTOEIC。英語の資格なのは知っているけれども英検との違いはなんなのでしょうか。

TOEICは、ビジネスの場や日常会話文章でのやりとりといった英語能力を測るための資格試験です

990点満点で、主に聞く・読む力を測ります。学生の就職活動、社会人のキャリアアップ、海外赴任など様々な場面でTOEICのスコアが英語力の目安として利用されます

受験者数は年間約250万人で、現在も受験者数は増加傾向にあります。年間10回公開テストが実施されるので自分の好きなタイミングで受けやすいのもポイントです。

TOEICのテスト問題の構成

Part1 写真描写問題6問

1枚の写真について4つの短い説明文が1度だけ放送される。説明文は印刷されていない。4つのうち、写真を最も的確に描写しているものを選び解答用紙にマークする。

Part2 応答問題25問

1つの質問または文章とそれに対する3つの答えがそれぞれ1度だけ放送される。印刷はされていない。設問に対して最もふさわしい答えを選び解答用紙にマークする。

Part3 会話問題39問

2人または3人の人物による会話が1度だけ放送される。印刷はされていない。会話を聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。会話の中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。 各会話には設問が3問ずつある。

Part4 説明文問題30問

アナウンスやナレーションのようなミニトークが1度だけ放送される。印刷はされていない。各トークを聞いて問題用紙に印刷された設問(設問は放送される)と解答を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。トークの中で聞いたことと、問題用紙に印刷された図などで見た情報を関連づけて解答する設問もある。各トークには質問が3問ずつある。

Part5 短文穴埋め問題30問

不完全な文章を完成させるために、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。

Part6 長文穴埋め問題16問

不完全な文章を完成させるために、4つの答え(単語や句または一文)の中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。各長文には設問が4問ずつある。

Part7 1つの文章29問 複数の文章25問

いろいろな文書が印刷されている。設問を読み、4つの答えの中から最も適当なものを選び解答用紙にマークする。文書内に新たな一文を挿入するのに最も適切な箇所を選ぶ設問もある。各文書には設問が数問ずつある。

                            引用 TOEIC公式サイトより

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、お金に関する知識をもとに、住居、教育、老後の生活など、将来に渡った人生設計・資金計画のアドバイスを行う資格です。

資格は3級・2級・1級と分かれており、3級の合格率は70%と比較的取得のしやすい資格となっています。

日本人は、お金に関する知識が低い国民だと言われており、資格勉強を通じて知識を学ぶ機会は大切です。これから社会に出る学生が知っておくべきお金に関する知識はたくさんあります。

また、金融業界に就職を希望する方にオススメしたい資格となっています。

ファイナンシャルプランナー3級の試験内容

ファイナンシャルプランナー(FP)3級では、学科試験・実技試験ともに以下の6分野から出題されます。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • ・不動産
  • ・相続・事業承継

簿記

簿記は、企業の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記を勉強すると、企業の財務諸表を読む力が身に付きます。財務諸表は企業業績の通信簿みたいなものです。それを読むことで経営を悪化していることが分かったり、優良企業を見抜くこともできます。

つまり、これから就職活動を行う学生は自分の受ける企業がどのような経営状況なのかを知ることができ、企業選びをする際に役立ちます。

簿記は4級・3級・2級・1級とありますが、資格を取るなら3級以上をオススメします。

簿記3級の問題傾向

第1問

近年の傾向としては、第1問には仕訳問題が5つ出題されています。

第2問

基本的には帳簿記入の問題が多く出題される傾向にあります。

第3問

試算表作成問題が出題されます。

第4問

出題傾向にばらつきがありますが、近年の傾向としては50%程度の確率で伝票会計に関する問題が出ています。

第5問

例年通りですと精算表作成問題が出題されます。

普通自動車免許

現代は以前に比べて学生の車の所有欲求が低く、在学中に免許を取得する人が減少していますが、企業の総合職や営業職に配属された場合、普通自動車免許が必要な場合があります

入社後に新卒で仕事を覚えながら、運転免許取得のために教習所に通うのは時間もないため、大変になるかもしれないです。

企業に就職希望の方は在学中に合宿や教習所に通うことをオススメします。

合宿の場合は最短2週間ほどで教習所よりも安く免許を取得できるため春休み時間がある方は、オススメです。

教習所の流れ

普通自動車免許は技能試験と学科試験の2つの試験に合格しなければなりません。

技能は個別指導で1技能教習が終わるごとにその教習生の苦手ポイント等が引き継がれ、そのカルテをもとに教習となります。そのため、他の生徒の目を気にすることもなく疑問を解消することができます。

学科教習は集団指導で50分が1コマで教習の約10分はビデオ学習になります。教科書にアンダーラインを引きつつ話を聞かなければならないため、ついていくのが大変なこともありますが試験対策をしっかり行えば必ず合格できるでしょう。

MOS

MOSはマイクロソフトが公認する世界基準のパソコン資格です。Word・Excel・PowerPointなどの利用スキルを証明する資格です。

事務職はもちろん、企画書、提案書、プレゼン資料などWord・Excel・PowerPointを使って作るケースが多々あります。

在学中からオフィスソフトを使いこなせるようになれば、社会人になった時に一歩リードでき、身につけておくと強い武器になると思います。

試験レベルについて

WordとExcelには、一般レベルと上級レベル(エキスパート)の2レベルが用意されています。

Word 一般レベル

文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など、Wordでの基本的な編集機能を理解している方

Word上級レベル

スタイル機能や目次・索引作成などの長文機能、他のアプリケーションソフトからのデータ取り込みなど、Wordでの高度な機能を理解している方

Excel 一般レベル

数式や基本的な関数の作成、セルの書式設定、グラフ作成など、Excelでの基本的な操作を理解している方

Excel 上級レベル

ピボットテーブルなどのデータ分析、条件付き書式や入力規則の設定、マクロの作成・編集など、Excelでの高度な機能を理解している方

おわりに

春休みにやることがない学生が何もせずに春休みを終えるのはもったいないです。

少しでもこれらの資格に興味のある人はぜひ一度挑戦してみませんか。何もせずに後悔するよりは行動して後悔するほうが自分が成長する良い機会です。

資格取得に向けて頑張ってくださいね。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました