【要約】バビロンの大富豪の教えを2000文字で解説!漫画で読みやすいお金を増やすための実話!

スポンサーリンク

こんにちはユッピーです。

今回は「バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則」を5分以内で内容を把握できるようにできるだけまとめて要約したいと思います。

原作はジョージ・S・クレイソンによって書かれました。

漫画だから、名著があっという間に読める!ということで反響を呼んでいます!

私も実際に読んでみて一時間程度で読み終えることができました。

読書が苦手でも漫画なら読めるという方にもオススメだよ!

こんな人にオススメの本です

  • 文字ばかりの本が苦手な方
  • 経済的な豊かさと精神的な豊かさを求める方
  • お金へのこだわりから脱却したい方
  • 何か新しい行動をしてみたい方
  • お金を増やす考え方を学びたい方

お金持ちになるための黄金の七つの道具

  1. 収入の10分の1を貯金せよ
  2. 欲望に優先順位をつけよ
  3. 貯えた金に働かせよ
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ
  5. より良きところに住め
  6. 今日うから未来の生活に備えよ
  7. 自分こそを最大の資本にせよ

収入の10分の1を貯金せよ

一時的に大金を得たとしても、目先の幸せは手に入るかもしれないが、その先の安心を買うことは出来ない。

収入で得た金額をすべて使うとお金はいつまでもたまりません。少しでも貯めるようにしましょう。

欲望に優先順位をつけよ

人間の欲望は永久に生まれると言われています。

ほしいもの、やりたいことに優先順位をつけることで本当に必要なものが見えてきます。

貯えた金に働かせよ

貯めたお金を投資に回すということです。

投資から発生する利息で生活費を賄うことができれば、極端に言えば働かなくても生活できます。

新たにできた時間でビジネスをすればさらに投資資金を増やしお金持ちになれるということです。

働かなくても定期的にお金が入る仕組みが大切だと言われています。

危険や天敵から金を堅守せよ

ある程度のお金を持つと、リスクは高いが、楽な儲け話に乗りたくなります。

100万円しかないときの10万円1000万円あるときの10万円では感覚が変わってきます。

自分の感覚に頼らず、その専門の人や先輩に話を聞くようにしましょう。

より良きところに住め

「よりよきとこに住め」は豪邸やタワマンに住めということではなく、「職場までの近さ」「公共交通機関のアクセス」「近隣の住民との関係」などのことです。

「家賃は今より2万上がるけど、職場まで徒歩で通える」となると車を所有せず結果的に安く済むこともあります。

家賃が安いからといって職場まで片道2時間は時間的コスパが悪いです。

「時は金なり」のように金額と時間のバランスが大切です。

今日から未来の生活に備えよ

「将来の不安」に対しての対応についてです。

少しずつお金を蓄えて老後や、将来病気になったときのために貯金をしておきましょう。

自分こそを最大の資本にせよ

行動しないと何も変わらないということですね。

自己投資を行い、手に職をつけることが大切です。

プログラミングやウェブデザインなどこれから需要が高まる知識をつけておくことで、転職や、フリーランスになる際も仕事が見つかる可能性が上がります。

行動する!これが最も大切です!

知恵こそが本当の資産

「これから無人島で生活する奴隷に魚を与えても意味はない。いずれ食料は尽きて餓死してしまう。」

「大切なのは魚の釣り方を教えてやることだ。」

本書ではこのようなことが書かれています。

これはお金でも同じことが言えます。

「一時的に大金を与えても、いずれそのお金は尽きてしまう」

「大切なのはお金の増やし方を知ること」です。

知恵こそが本当の資産になることに気づくことができます。

おわりに

私たちが生きていくにはお金は必要不可欠です。

今まで、お金についてあまり考えてこなかった方、お金を貯めて生活を豊かにしたい方に『バビロン 大富豪の教え』を読んでもらいたいです。

本書ではストーリーに沿って物語が進んでいくので、難しいことを考えずに読むことができます。

漫画なので、小学生などの小さな子でも読みやすいと思います。

この本で学んだことを実践して、より豊かな生活を目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました