【花束みたいな恋をしたレビュー】ネタバレなしで見どころを解説!恋愛映画に興味がない人が何度も見たくなる内容とは?!

スポンサーリンク
映画

こんにちはユッピーです。

先日近くの映画館で『花束みたいな恋をした』を鑑賞してきました。

本作品は2021年1月29日より公開されており、週末の全国興収ランキングで2連続で1位を獲得。”はな恋化現象”とも呼ばれるほどヒットしております。

そんな”はな恋”が「なぜここまで人気になっているの」と疑問に思っている方もいると思います。

あまり恋愛映画に興味がない私でも「あと3周は見たい!」と感じるほど面白い作品となっています。

今回はまだ映画を見ていない方に向けてネタバレなしで見どころを解説していきたいと思います。

当時に流行っていたことが作中に登場する

本作品は2015年~2020年にかけての描写がされており、作中には当時流行していたものがたくさんでてきます。

クマムシの「あったかいんだからぁ♪」やSEKAI NO OWARIの「RPG」を歌っているシーンが登場します。

また、映画「シン・ゴジラ」の単語や任天堂スイッチの発売、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドなども登場しています。

作品を見ながら「ああ~流行ってたなぁ」と感じることができるものが他にも多数登場します。

当時流行っていたモノを描写することで、作り話っぽいフィクションではなく現実に近い物語だと感じることができました。

googleストリートビューやジョナサン(ファミレス)も作中に出てくるため楽しみながら鑑賞することができます。

現実と理想を考えさせられる

物語の序盤は「どこにでもある 体験したことのあるラブストーリ―」として進んでいきます。

どこか現実味のある描写があるため、「共感」しながら鑑賞することができます。

物語の中盤になるにつれて、喧嘩や会話の内容が現実的になります。

これまでの恋愛映画ではなかなか見ることができないほど、生々しい二人の感情が表現されています。

大学生から社会人になったときの心の変化、カップルで同居していることで起きる意見のすれ違い。

付き合いたての恋人と鑑賞すると「未来があまりにも現実的で衝撃を受けてしまう」といった感想も聞きました。

恋人と鑑賞することで「お互いの考えを尊重しなければならない」と再確認させられる内容でした。

意味深な表現や考察できる箇所がいくつもある

私が何度もこの作品を見たくなる理由はこれです。

一度見ただけでは理解することができない意味深な内容がたくさん出てきます。

映画を鑑賞し終えた後はネットで「花束みたいな恋をした 考察」と検索してみてください。

多数の人が考察した記事があげられています。

人によって考察内容が異なるので自分の考えと同じか確かめるのも面白いですね。

考察をしたうえで改めて『花束みたいな恋をした』を見るのも楽しみ方の一つですね。

おわりに

どこにでもあるラブストーリーでありつつ苦い現実も見ることができるのが本作品の特徴だと思います。

2015年~2020年にかけてゆっくりと物語が進みますが、どのシーンも見どころがあり、考察できるポイントがあります。

のんびり映画を見るもよし、意味を推理しながら見るもよし、恋人と泣きながら見るもよし

様々な楽しみ方ができる非常に良い作品だと思います。

ぜひ劇場で一度鑑賞してください!

コメント

  1. みょんち より:

    Twitterから飛んできました〜!
    来週見に行くのでゆぴさんのブログ見てもっと見に行きたくなりました!
    楽しんできます♪

    • ユッピー ユッピー より:

      ブログを始めてから初のコメントを頂けたのでとても嬉しいです!考察内容についても投稿する予定なので是非見てください!

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました