【片付けのコツ】勉強机の片付けは年1回で十分!収納を増やすために見直すべきこと

スポンサーリンク
ノウハウ

勉強しようと思っても、勉強机の上に物が置いてあったり、散らかっていると勉強のやる気がなくなりませんか?

テスト期間になると、部屋の片づけだけして結局勉強できていないことありますよね

年にたった一回だけ片付けしておけば、机が散らからずいつでも勉強ができる環境にしておくことができます。

勉強机の片付けのコツさえ知っていれば、机を綺麗に保つことができます

この記事はこんな人にオススメ

  • 机の整理がしたい
  • 勉強机の収納を見直したい
  • 勉強のやる気が出る机にしたい
  • すぐに机が散らかってしまう
  • なかなか片付けがうまくいかない
  • 机の収納を増やしたい

デスクマットは必要ない

出典:Amazon

このような透明のデスクマットを使っている人はいませんか?

小学校から同じ勉強机を使っている人であれば、日本地図や、マイメロ、ドラゴンボールなどの紙が挟まれた透明のデスクマットを使っていた人も多いはずです。

デスクマットはどんどん劣化して黒ずんだりして汚れている方もいると思います。

キャラクターのデスクマットはカラフルで視覚的にどうしても散らかって見えてしまいます。

試しにデスクマットを無くしてみると机の木目が見えてスッキリとした環境がすぐに実現できます

字を書くとき「デスクマットのやわらかい下敷きじゃないと嫌だ」という以外は処分してしまいましょう。

学校の机と同じの「木」の堅さで書く方が慣れていると思いますが・・・。

机の見た目が大きく変わった方が、勉強環境も変化して新鮮な気分になれるよ!

去年の教科書・プリントは必要ない

学年が上がるたびに新しい教科書って増えますよね。

去年の教科書が机の収納を圧迫していませんか?

去年使っていた教科書は「また必要になるかもしれない」「受験のときに使うだろう」と思ってなかなか捨てられないものです。

しかし、受験のときは別の参考書を利用する人がほとんどなので、以前の教科書を使って勉強することはほとんどないと思います。

学校から「来年も必要」と言われている教科書以外は処分して大丈夫です。

年に1回教科書を処分するだけで、机の収納が確保できるよ!

プリントに関しては、教科書よりも必要になる機会はないです。

これまでのテストの問題用紙、解答用紙、練習問題のプリント等はすべて処分しましょう。

「また見返すかもしれない」という人はスマホで画像として保存しておけば問題ないです。

物が捨てられない人はスマホで思い出として残すようにしよう!

思い出の品はデジタル保存

「思い出のモノだから捨てられない」「小学校のときみんなからもらった手紙」みたいな思い出の品が机の奥深くに眠っていませんか?

でも思い出の品って年に何回見返しますか?

年に1,2回程度しか使わないモノに机の収納を使うのはもったいないです!

「捨てる」のではなく「手放すという感覚で処分すると気持ちが違います。

見返したくなる手紙などはスマホで撮影してデジタル保存しましょう。

デジタル保存はどれだけ撮影しても収納を圧迫しないので、どんどん撮影して思い出の品を「手放す」ことをしてみましょう。

机の上にモノを置かない

洗濯した服やちょっとした小物を机の上に置いていませんか?

「後で片づけるからちょっと机に置いておく」という考えはもう終わりにしましょう。

結局片づけずにどんどん物が積まれて物置になってしまします。

「机の上には物を置かない」置くとしても今日自分が寝るまでに、机を片づけて綺麗にしてから寝る

これを心がけるだけで机周りの散らかり具合が全然違います!

物を置かない習慣にすれば片付けの苦労もなくなるよ!

まとめ

まとめ

  • デスクマットは処分する
  • 去年使用していた教科書は必要ない
  • 去年もらったプリントも必要ない
  • 思い出の品は手放す
  • 見返すモノはデジタル保存
  • 机にモノを置かない習慣にする
  • 寝る前は机に何ものっていない状態

勉強机の整理ができているだけで勉強のやる気はかなり変化します。

「汚い散らかった環境」で勉強するよりも「綺麗で整った環境」で勉強した方がテンションも上がります。

後で片づけようと思わず、この記事を見終わったらすぐに片付けましょう!

全部実行しなくても良いです。

この記事で学んだことの一つでも実行できれば綺麗な勉強机へ一歩近づいています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました